読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきちきのひまつぶし

メーカー系SE2年目の凡人が、技術とかグルメとか旅行とか・・・。

Minecraft ServerをRaspberry Piで動作させることができるか? 実行編 ( Can we use "Raspberry Pi" as "Minecraft Server" ? )

めも Minecraft

前回の続き。

一応自分でも前回の手順を踏んでサーバーとして動作させる事はできた。より具体的なレスポンスについての記事とする。

Minecraft ServerをRaspberry Piで動作させることができるか? 導入編 ( Can we use "Raspberry Pi" as "Minecraft Server" ? ) - あきちきのひまつぶし

結論

 「サーバー運用は不可能・もしくは非常に厳しい」

予想通り、というか実際にプレイしてみたところかなり厳しかった。まずArea Spawn (World Spawn?)の時点で5分くらいかかった。そしてlocal外からのプレイをしてみると、奈落の底に落ちた後にMAPのRespawn地点に立つ。そして周りのブロックを壊す・・・壊す・・・???壊れない。つまりサーバーのレスポンスが低く、ブロックの破壊についていけていないという状態。(立ち上げてすぐだから安定はしていないかもしれないが)

そしてやはりメモリがMAXで496MBしか無いという問題。1人でこの状態ということは数人(5人が限界かと思われるが)でプレイした時の負荷は計り知れない。

だが今回の事でRaspberry Piのような小型ARMプロセッサのLinuxでもサーバーとして運用させ、Minecraft Serverとして起動させる事ができるという事がわかった。

そして何より、あまり触れることの無いLinuxに触れることができて勉強にもなった。

 

実際に動画を見ても分かるように、スイッチ系統(RS回路)のレスポンスの低さが著しい。また移動に関してもラグを隠せない。1人でこれではとてもじゃないがマルチプレイを運用するサーバーとしては不適格であるといえる。


Raspberry Pi (Model B) Minecraft Server - YouTube

 

もし、この記事を見て同じチャレンジをして、ちゃんとしたサーバーとして運用ができた!という方がいれば報告してくれるとありがたい。自分の環境ではどうしても満足できる結果が出なかったので、設定等色々聞きたいと思う。

Copyright (C) 2013-2017 lapisizm All Rights Reserved.